2015年5月16日土曜日

夢: 木虫籠の向こうで踊る野村萬斎

目の前には格子が横にいくつも並んでいる。伝統的な日本家屋の窓に使われるような、木でできた細い格子。その向こうが舞台になっており、野村萬斎(風の人)が何かを演じている様子。語りながら、すだれのようなものを上げ下げしており、特に面白いということはない。だが、観客には結構ウケていて、見ているうちに自分もなんだか面白くなってくる。

舞台の向こう側を見ると、普通の民家(今どきの普通の家)になっており、こんなところでイベントみたいなことをやられたら、さぞ近所迷惑だろうな、という気がした。

[補足]
所さんの目がテンで、金沢の木虫籠(きむすこ=格子窓)が紹介されていたのを、昨日録画で見たのだが↓、そのせいで見た夢と思われる。

金沢の木虫籠(「所さんの目がテン!」より)

0 件のコメント:

コメントを投稿